• Rikimaru Noda

オンラインレッスンと相性抜群!ギターで耳コピを習得することのメリット4選

こんにちは、Vox-y音楽教室 アコースティックギター、エレキギター講師の野田です。


ギターを少し弾けるようになってくると「好きなアーティストの曲を聴くだけで弾けるようになりたい!」という願望が湧いてきませんか?


耳コピは最初のうちは難しいですが、ポイントを押さえて練習することで自然と身につくギタースキルです。もちろん絶対音感がなくても大丈夫です。


今回は耳コピを習得することで、どんなメリットがあるのかを見ていきたいと思います。



目次


1.ギター上達が早くなる

2.音楽理論の法則性が体感的にわかる

3.音の質感まで感じ取れるようになる

4.作曲・アレンジ能力が高まる

まとめ


1.ギター上達が早くなる


耳コピを習得することで楽譜が要らなくなります。これは皆さんも想像する通りですよね。しかし、このことがギターの上達に大きく関わってきます。


まず、耳コピによって練習のプロセスが変わります。


前) 「楽曲」→「楽譜」→「楽譜を読みながら練習」


後) 「楽曲」→「聴きながら練習」


というように、ギター練習を効率化することができます

(これは長い目で見たときに、演奏してきた楽曲数そのものに影響を及ぼします。)


加えて曲のコピーが簡単になるので、気軽にギター練習できるようになります。

曲を聴くだけでギターが弾けるようになれば、弾きたい曲を次々とコピーしてみたいと思いますよね!?


このように、ギター練習のモチベーションが上がると自身のスキルアップを日々実感できるようになり、結果的にギター練習量を増やすことができます


今の時代はストリーミングで音楽が簡単に聴けるので、ギターで耳コピができることの恩恵は大きいですよ!




2.音楽理論の法則性が体感的にわかる


音楽理論って参考書と五線譜を使って粛々と勉強するものってイメージがありませんか?

もちろん、それも大切なことです。しかし、音楽理論とギタープレイに相関性を持たせていくことも疎かにできないポイントです。


耳コピを繰り返すうちに、無数の「聴覚的な記憶」が蓄積していきます。これはつまり、コード名や度数に対して照合できる音のイメージを持てるということです。


CM7というコード、あるいは長3度や長7度といった音程を見たときに、頭の中で音が鳴らせるようになるのです。


これは裏を返せば、頭の中にある「音」に対して名札を付けるようなイメージで音楽理論を学べるということです。


このように、耳コピによって集積した音のイメージは、音楽理論の理解を深めることに繋がります。




3.音の質感まで感じ取れるようになる


ギターの耳コピをするためには、かなり集中して音を聴く必要があります。

集中して聴いてみると音程だけではなく、歪み具合やピッキングのニュアンスといった楽譜には表記できないことまでも感じ取れるようになってきます。


例えば、好きなギタリストの演奏を再現したいとします。

そのためにはギタリストの演奏のクセや音作りを分析する必要がありますよね。


そんなの当たり前だし聴けばなんとなくわかるじゃん!って声が聞こえてきそうですが、これはとても難しいことなんです。


自分ではそっくりに再現しているつもりでも、実際にはかけ離れているということはよくあります。特に音源と一緒に演奏している場合は、自分のギターと音源のギターが重なってそれっぽくなってしまうことが多々あります。


こういったことを見極める(聴き分ける?)ためにも、音を聴く力は大切なのです。

しっかり耳コピしてギター演奏の再現性を高めましょう!




4.作曲・アレンジ能力が高まる


ギター耳コピに慣れてくると、次第に「音の棲み分け」ができるようになってきます。

つまり、曲中の音を帯域別に抽出して聴けるようになってきます


「音の棲み分け」ができるようになると、ベースやキーボード、ストリングスといった他の楽器も聴き分けられるようになります。


他の楽器のアプローチを知ることは、作曲やアレンジ能力の向上に繋がります。

特にDTMでの作曲は様々な楽器を打ち込む必要があるため、これらの知識がかなり活きてきます。


あるいは、「このパートのこの音に対してギターはこういう投げかけをしてみよう」といった感じでギターのアレンジも変わってくるのではないでしょうか。

他の楽器の帯域を意識することでギターの音作りも安定してくると思います。




まとめ


今回は耳コピのメリットを4つ、ギタリストの観点で解説してみました。


ギター耳コピはあくまでもコピーです。しかし、耳コピによって集積した音楽的な感性は、次第に独自性を帯びたものになっていきます。


オリジナリティを確立させていくという意味でも大切なことなので、ぜひ耳コピにトライしてみてください!


オンラインレッスンと耳コピというテーマは親和性が高いです。オンラインレッスンであれば自宅から気軽に受けられますし、楽曲データの送受信もすぐにできます。

この機会にご自宅から耳コピスキルの習得を目指してみませんか?


Vox-y音楽教室では、耳コピを習得するためのカリキュラムを提供しております。

もし耳コピのことで困ったら、Vox-y HP【オンラインレッスンを予約】からレッスンの受講を受け付けております!


最後までお付き合いいただきありがとうございました。




ギター担当講師プロフィール


野田 力丸

(ノダ リキマル)

アコースティックギター講師

エレキギター講師


経歴

13歳からエレキギター、アコースティックギターを始め17歳で上京。洗足学園音楽大学に入学。

大学ではアンサンブル、レコーディング、音楽理論を中心に学び、サポートギタリストとして音楽経験を積む。

ごあいさつ

初めまして、ギター講師の野田です。 基礎的なことはもちろん、アンサンブルやエフェクターの活用など、より実践的なことにもお応えします。 皆さんがよりギターを楽しんで演奏できるようにサポートさせていただきます!


この講師のレッスンを受講


その他の講師はこちら

0件のコメント