アフターコロナのピアノレッスンはVox-yオンライン音楽教室で自由に自分らしく♪

長引く自粛生活、どのようにお過ごしでしょうか。

Vox-yオンライン音楽教室にてピアノレッスンを担当しているピアノ講師の大庭です。

今回はアフターコロナ時代の音楽を、より豊かに自由に楽しんでいくためのオンラインレッスンについてお話したいと思います。



目次


1. 気軽に始められるオンラインレッスン

2. 自分の音を奏でることの重要性

3. オンラインレッスンのメリットとデメリット

まとめ


 

1. 気軽に始められるオンラインレッスン


つい2年ほど前までは、まさかこんな時代がくるなんて誰も想像できませんでしたよね。

ピアノのレッスンは対面レッスンで直接手とり足とり指導するのが当たり前でしたが、コロナ禍で急速に時代が変わっていく最中、ピアノのレッスンも対面からオンラインを取り入れ始める教室が多くなってきました。


ここVox-yオンライン音楽教室は、実はコロナが始まる以前から、いち早くオンラインレッスンを取り入れ始めていた数少ない教室の一つです。


オンラインレッスンの魅力は、やはりなんといってもその手軽さにあります。


対面レッスンに比べると、どうしても画面越しでのやりとりとなるため、インターネット環境によっては、細かいニュアンスや、繊細な音色の指示を出すことが難しい場合もありますが、普段忙しくてなかなかレッスンに行く時間がとれない方や、興味はあるもののなかなか腰があがらない…


そんな方でも、オンラインレッスンなら、ご自宅で、いつでも自分の空いた時間、好きな時間に気軽な気持ちで始められます。


 

2. 自分の音を奏でることの重要性



コンサートやライブイベントなどの中止が相次ぐ今、私たちの生活のなかで生の演奏に触れる機会がとても少なくなってきています。

しかし、音楽の持つ響き、生音というのは、私たちが考えている以上に大きな力を持っていることをご存知でしょうか。


”ピアノをやることでボケ防止に繋がる”というのは一度くらい耳にしたことがあると思います。


これは、5本の指を動かすことで脳を刺激する、と言われていますが、もうひとつ、自分の身体を使って実際に音を奏でる、ということも、脳を刺激する大きな役割を持っているのです。


楽器を奏でたり、歌を歌うことで、人間の五感はとても活性化されます。

五感をふるに使って自分からメロディやリズム、ハーモニーを発することは、心身に癒しとエネルギーをもたらすことに繋がります。


お家生活が長引く今だからこそ、家の中で始められる音楽は、これからの時代、私たちの生活をより豊かにしてくれるでしょう。

そのためにも、気軽に始められるオンラインレッスンがお勧めです。


 

3. オンラインレッスンのメリットとデメリット



オンラインレッスンの魅力のひとつは、最初にも触れた通り、やはりその手軽さにあります。

教室までの移動の労力や時間もかからず、夏の暑さや冬の寒さもしのげます。


そして、もっとも効果的なのは、無理なく自分のペースで続けていける、ということです。


お仕事や家事、勉強などが忙しくなると、対面レッスンでは、しばらくの間レッスンをお休みされる生徒さんも少なくありませんが、やはり一定期間お休みをしてしまうと、なかなかレッスンを再開するのに気力がいったり、しばらく練習できていなかったことによるブランクができてしまうことがあります。


音楽は楽しむもの、とは言っても、やはりコツコツと練習とレッスンを継続していくことが上達していくためには欠かせませんし、上達なしでは楽しむことも難しくなってしまいます。


ですが、言うのは容易くてもこれがなかなか難しく、楽器や音楽を習われる方が抱える問題のひとつでもあります。せっかく気合いを入れて習い始めたものの、長く続かないのはとてももったいないことです。


しかし、オンラインレッスンであれば、そこまで気合いや気力を必要とすることもなく、ちょっと気分転換にお散歩に行こうかな、という気持ちのような気軽な感覚で行うことができるのです。


音楽や楽器の習い事を継続するうえで大切になってくるのは、なるべく無理をしないことです。


お仕事や家庭のことに追われている期間でも、無理なくご自身のペースで続けていくことができる点で、オンラインレッスンはとても効果的です。



その一方で、やはりオンラインならではのデメリットがあることも否めません。


ひとつは、対面レッスンのように直でのやりとりができないため、手取り足取りの分かりやすい指導ができず、画面越しの説明となってしまうこと。


また、Zoomを使用してのレッスンになるため、通信状況によっては、タイムラグや映像、音声に乱れが生じ、細かいニュアンスや、繊細な音色までの指導が行き届かない場合があります。


そのため、レッスンのなかで、より音楽的なことや、タッチや音色について深く勉強されたい方は、インターネット環境をしっかりと整えてから受けられることをお勧めします。


 

まとめ


いかがでしたでしょうか。

今回は主にオンラインレッスンの魅力についてお話ししてみました。


これから芸術の秋に向けて、新しく自分に向き合う時間を作りたいと思われる方も多いかもしれません。


Vox-yオンライン音楽教室は、45分というたっぷりのレッスン時間を設けていますので、丁寧に内容の深いレッスンを提供できます。


また、チケット制で、月のレッスン回数なども縛りなく、受けたいときに受けられ、より自由な形態のレッスンを行っており、料金もオンラインならではの格安料金2,907円~(税込)と大変お得です。


初回は『お試しレッスン』をご用意しております。

まずは、是非お試しレッスンで一度体感されてみてくださいね。


Vox-yオンライン音楽教室 ピアノ講師の大庭でした。


 


大庭 従美江 (オオバ スミエ)

​​

Vox-yオンライン音楽教室 ピアノ講師

ピアノ講師

経歴

桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。 高校在学中にモスクワ・グネーシン音楽院にて研鑽を積む。 大学卒業後はトリオ・デュ・ポローニアのメンバーとして全国各地にてコンサートを開催。またデュオでは新日本フィルハーモニーコンサートマスターと共演。 2008年宇宿允人の世界フロイデフィルハーモニーのピアノ・チェンバロ奏者として公演に出演。2011年のソロリサイタル後に渡独。ベルリン芸術大学教授のもと研鑽を積む。これまでに日本クラシック音楽コンクール、多摩フレッシュコンサート、アジア国際音楽コンクールに入賞。第5回HANAMIZUKI芸術フェスティバルにて金賞及び芸術大賞。 ピアノを松本裕子、岡智子、プロゾロワ・ マリーナ、村上弦一郎、加藤伊津子、故エレーナ・ラピツカヤ、豊田元子氏の各師に師事。 演奏活動では、全国の小、中学校にて芸術鑑賞会での公演や、ピアノ修復士の父が復元した数々の古いピアノの音色を奏でるコンサートを開催し、NHK番組や音楽雑誌などでもとりあげられている。 指導の傍ら、ソロ、アンサンブルで活動している。 ごあいさつ はじめまして。ピアノ講師の大庭従美江です。 クラシックを専門としていますが、ポピュラーなものや弾き語りなど、幅広く指導できますので、楽しく習われたい方から、しっかりと勉強されたい方まで丁寧にレッスンさせていただきます。 音楽は日々の生活を彩り、心に潤いを与えてくれます。一緒に楽しみましょう♪

0件のコメント