ディレイを使った8小節のギターフレーズ!人気機種ごとにエコーサウンドを比較紹介します!

Vox-yオンライン音楽教室 アコースティックギター、エレキギター講師の野田です。


今回はディレイの効果がわかりやすい、ディレイならではのギターフレーズをご紹介します。


4種類のディレイを使って8小節のギタートラックを録音しましたので、ディレイの使い方の参考にしてみてください!


また、使用したディレイも明記していますので、このなかで気になるディレイがある方も試奏動画を観るような感覚で聴いてみてください。



目次


1.Eventide / TimeFactor Tape Echo

2.FRACTAL / Axe-fxⅡXL+ Reverse Delay

3.WAVES / H-Delay Digital Delay

4.Avalanche Run & TimeFactor 発振

まとめ


 

1.Eventide / TimeFactor Tape Echo




EventideのTimeFactorは、かれこれ5年くらい愛用しています。

ディレイ音は結構作り込めますし、MIDIやエクスプレッションぺダルも繋げるのでライブでの操作も余裕です!


TimeFactorには10種類もディレイが入っていて、そのうちのひとつはルーパーです。

加えて、2つのディレイを独立して設定できるため、正統派ディレイに見えて意外とユニークな使い方もできます!


ここではTimeFactorのテープエコーという種類のディレイを使って、フィードバック高めのギターフレーズを弾いてみます。


「Gmaj7 / Cmaj9」のコードを全音符で弾いています。テープエコーなしのギタートラックと聴き比べてみましょう。


《Tape Echo なし》



《Tape Echo あり》



- Setting -


BPM=120
Time / Half note (1000ms)
Mix / 55%
Feedback / 60%

テープエコーのかかったギターは、ディレイなしのギターよりリズミカルに聴こえますね。

ピッチの揺れ具合もコードのイメージに合っていると思います!


ミックスもフィードバックも高めなので、ギターのサステインが減衰したタイミングで2分音符のディレイがはっきり残っています。


ただ、今回のようにロングタイムでディレイを使用する際にはフィードバックの値に注意する必要があります。


フィードバックが高すぎると、次の小節にある原音にディレイ音が被ってしまいます。

それを想定してフィードバック値を上げるのは大丈夫ですが、意図せずに音が濁ってしまう場合もあるので、その点には注意しましょう。



 

2.FRACTAL / Axe-FxⅡ XL+ Reverse Delay


Axe-Fx III MARK II(現行モデル)



ここでは先程のテープエコーをかけたギターにリバースディレイをかけてみます。

ディレイ2個がけの状態ですが、音を馴染ませるためにパラレルでリバースと原音(テープエコーのかかった音)を混ぜています。


生産終了してしまったAxe-FxⅡ XL+ですが、まだまだ使えています。

今はAxe-FxⅢが現行品として流通していますね。


FRACTALは空間系が充実しているので、今回はAxe-FxⅡ XL+でリバースディレイをかけてみました!


《Tape Echo + Reverse Delay》



- Setting -


BPM=120
Time / 1bar (2000ms)
Mix / 80%
Feedback / 0%

リバースの逆再生の質感が足されて・・・なんとも言えない感じになっていますね...!

テープエコーだけのトラックと比べてみると、3、4小節目がリバースの音でしっかり埋まっているのがわかります。


こんな感じの浮遊感のあるサウンドを求めている方は、ディレイタイム長めでリバースディレイを使ってみてください!



 

3.WAVES / H-Delay Digital Delay




8分音符のギターフレーズにミックス高めの付点8分ディレイをかけることで、16分音符を詰め込んだフレーズに早変わりします。


とてもよく使われる手法なので、きっとどこかで聴いたことがあるサウンドだと思います。


ここでは7音のポリリズムを8分音符でひたすら弾いています。

リアピックアップでトーンを0に絞っているので、ちょっとこもったサウンドになっていると思います。


ディレイはWAVESのH-Delayというプラグインエフェクトを使いました。視認性が良く、直感的に操作できる使いやすいディレイです!

Wavesの各種バンドルに含まれています。


《Digital Delayなし》