iPhoneで一皮剥けた動画を撮ろう!【Filmic Pro】動画ライブ配信にも使える多機能ツール

Vox-yオンライン音楽教室 動画制作・編集コース担当の東です。


前に【動画撮影にはSONYのカメラがおすすめ!】という記事を公開しました。


この中で紹介している機材は基本的に高価なものが多くなかなか手が出ないよ…という方も多いと思います。

なので今回はiPhoneでもお手軽に且つクオリティの高い動画を撮影する方法をご紹介したいと思います。


多少お金はかかりますがカメラを買うのに比べたら圧倒的に安いです…笑


目次


1.iPhoneでの撮影に必要なアプリ【Filmic Pro】

2.動画ライブ配信にも使える

3.ジンバルを併用するとさらにクオリティアップにつながる

まとめ

 

1.iPhoneでの撮影に必要なアプリ【Filmic Pro】


大多数の方はiPhoneで動画を撮影する際に標準のカメラアプリを使用すると思います。

お手軽ですし起動も早いですもんね。


特に不満もなく撮影できると思いますがより拘りたいと思ってもその先の機能はついていません。

自前でPVなどを撮影したいと思ってもなんか素人くさい動画になってしまいます。


そこでお勧めするアプリが【Filmic Pro】です。

2021年7月現在ですと価格は¥1840となっています。


アプリと考えるとなかなかの値段ですがこれがかなり細かく使えるんですよね。

少し詳しく解説していきます。


 

・アプリ画面



まずアプリを立ち上げるとこの様な感じになっています。

標準アプリより色々と項目が増えていますよね。


・一番右側のバーは音声の入力を表しています。

音が割れてたりすると赤く表示されるので分かりやすいですね。


・真ん中の丸と四角は露出とピントを表しています。

丸い方を暗いところに合わせる明るくなるし逆に明るいところに合わせると暗くなります。

四角い方はピントを合わせられるので被写体に合わせるとそれにピントが合います。

背景をぼかしたい時は被写体に近づけて撮影すればまるで一眼で撮影したみたいにできますね。



・ISOとフォーカスもマニュアルで操作可能。

下から2番目のマークを押すと右側と左側にISOとフォーカス&ズームレバーが表示されます。



ISOは暗いシーンなどで上げることによって多少ノイズが発生しますが明るく撮影することが可能になります。

スマホのセンサーは小さいのであまり上げるとざらざらになるのであまり触らない方がいいかもしれませんが一応弄れます。


どちらかというと左側のフォーカスリングの方が使うかもしれません。

よくテレビを見ていると前方の人から後ろの人にピントが移動するシーンがあると思います。

その時はオートではなくマニュアルでフォーカスリングを動かすのですがそれをiPhoneでも可能にすることができます。



この画像では前の草にピントが合っていますよね。

背景は多少ボケているので前の草が引き立っています。

これをフォーカスリングを動かすと



このように後ろの背景にピントが合いました。

前の草はいわゆる前ボケという感じになっていますよね。


iPhoneの標準アプリではこのような細かいピント調整はできないのでこの機能だけでもアプリを買う理由になると言っても過言ではありません。


ちなみにズームも可能です。

が、所詮iPhoneの画質なのでかなり荒くなってしまいます。



あまり使わないと思いますがなにかを際立たせたい時には使えるかもしれませんね。


・アプリ内課金をすればLOG撮影も可能

LOG撮影とは一眼で動画を撮る時に使う撮影スタイルです。

あえて色味を薄く撮影することによって後で編集する時に色味を自分好みにすることがしやすくなります。


映画とかだと必須の撮影方法ですね。

それをこのアプリ内でも使うことができます。



一番左の丸が三個重なっているアイコンを押すとこのような画面が表示されます。