Final Cut Pro Xで動画を作ってみよう!使い方や編集方法の解説

Vox-yオンライン音楽教室 動画編集コース講師のヒガシです。


「動画編集」

その言葉だけだとなんだか敷居が高そうな雰囲気がありますよね。

高いパソコンを用意して、知識も自分で集めなければならなくて。。。


確かにそうではある部分もありますが今は昔と違っていろいろな物の値段が安くなっています。

昔だったら三桁超えていたものも今だと一桁台で買えたりしたり。。。!!!


動画編集ソフトもその代表的な例ですね。 テレビ番組などで使われているソフトも個人で購入しやすくなっています。


今回は全く動画編集をやったことのない方に向けて簡単に編集の流れをご紹介したいと思います。

テーマは【YouTubeで見る動画】です。


目次


  1. 使用ソフトは【Final Cut Pro X】

  2. 基本的な編集画面

  3. 動画を読み込んでひたすらカット編集

  4. テロップは基本【カスタム】

  5. 動画の色味を変えてみよう

  6. トランジションでスムーズな場面転換を

  7. 書き出しは右上アイコンから

  8. まとめ

 

1.使用ソフトは【Final Cut Pro X】



今回はAppleの【Final Cut Pro X】を使用します。


他に有名なソフトだとAdobeの【Premiere Pro】やBlackmagic Designの【DaVinci Resolve】がありますがそれらに比べて比較的値段が安く且つ動作も軽いのでこちらを選びました。


一点。

こちらのソフトはMac専用となるのでご注意ください。

他のソフトはWindowsとMac兼用ですがこちらはAppleの作ったソフトなのでMacでしか使えません。

ただ基本的な操作だったり考え方はほぼほぼ同じなので少しだけ頭で変換しながら読めば他のソフトにも応用できると思います。


 

2.基本的な編集画面



まずFinal Cut Pro Xを立ち上げるとこのような画面が表示されます。

初めて触った方だとなにから押せばいいかわかりませんよね…


順に説明していきましょう。


 

①まず上のタブからファイルを選択して新規→ライブラリを選択します



ライブラリとは全体のファイルのことをいいます。

例えばYouTubeの動画を作りたいならライブラリを選んでYouTubeという名前をつければ保存場所に【YouTube】という名前のファイルが作られます。



ここに全てのファイルが入るので動画を完成した頃にはかなりの容量になると思います。 なので外付けSSDなどに保存することをお勧めします。


 

②新規→イベントで新しいフォルダを作成する。その後新規→プロジェクトを立ち上げる


そしたら①と同じように新規を選択してイベントを選択しましょう。

イベントはライブラリ内のフォルダみたいなものですね。

例えばライブラリを【8月のYouTube動画】にしてイベントを【8月15日】とかにすると管理しやすくなるかなと思います。


そしたらまた同じような流れで新規プロジェクトを作成すればやっと動画の読み込みなどができるようになります。



今回はイベントとプロジェクト名を【test】にしています。


 

3.動画を読み込んでひたすらカット編集



動画の読み込みはデスクトップからドラッグ&ドロップするのが一番楽かなと思います。

もしわからない場合はファイル→読み込む→メディアでパソコン内のファイルにアクセスできます。


YouTube編集の場合は動画を読み込んだらとにかくカットをしていきます。

おしゃべり動画の場合すらすらと喋れていればいいのですが息継ぎだったり考えている時間だったりがあると変な間になってしまうのでそこを削ぎ落とします。


その場合につかうのが【ブレード】です。

キーボードのBを押すとアイコンがハサミみたいな形に変わります。