楽譜整理もメモ書きもボイトレも!iPadを使えば全て出来る。現役ボーカル講師がオススメする理由とは?

こんにちは。Vox-yオンライン音楽教室ボーカル講師の野間です。

私ごとではありますが、この度私は音楽家にとって非常に便利な『iPad Pro 12.9インチ(第4世代)』を購入しました!


音楽をやる人間にとって本当に便利な機械です。

オンラインレッスンでもパソコンとiPadを使い分けてレッスンする予定です。


ずっと「欲しいな・・・」と生徒さん達にも漏らしていたので、生徒さんからもどんな風に使っているの?使い勝手はどう?と聞かれたりしています。


正直に言いましょう。本当に便利!お金に余裕があるなら買うべきです!


今日はiPad購入を考えている皆さんにその良さを伝え、更にオンラインレッスンの良さをお伝えできたらと思います。



目次

  1. オンラインレッスンは気軽に始められる。

  2. iPad Proを購入してみてよかった事。

  3. 私の場合、レッスンで使う際にiPadをこんな風に役立てています。

  4. 講師が感じるオンラインレッスンの魅力とは?

  5. まとめ


 

オンラインレッスンは気軽に始められる。


まずはオンラインレッスンの話から。『オンライン』と聞くだけで難しく感じるかたも多いかと思います。

でも実はオンラインレッスンは携帯やパソコンなどお手持ちの機械から簡単に始められます。


必要なものはインターネットに接続出来る環境と携帯やパソコンだけ。

私が教えている生徒さん達も携帯電話やパソコン、タブレットを利用してレッスンしているかたがほとんどです。


特に外出しにくいこの時期、自宅でスキルを身につける方法としては1番楽で安心なレッスン方法だと思っています。


オンラインレッスンの受講方法に関してもスタッフが丁寧にお教えするので、是非1度体験レッスンを受講していただきたいです。


 

iPad Proを購入してみてよかった事。


今回どうしても欲しくて購入した「iPad Proは12.9インチ(第4世代)」はiPadの中でも1番大きいサイズで、音楽をやっている人からは絶大な人気がある機種です。


どのくらい人気があるかというと、機械が好きな音楽家はみんな「買おうかな・・・」と1度は考えた事があるはず。


iPad Proは大きさがほぼA4サイズなので、紙の譜面と変わらずに楽譜を見ることが出来るのが特徴の1つです。


最新モデル(第3世代以降)だと譜めくりもなんとウインクする事でめくれたりと演奏家には便利な機能も付いています。


ピアノやギターを弾き語りしながらでも譜面をウインク1つでめくれる。・・・夢の様な機械ですよね。

ウインクが恥ずかしいという人は別売りで足で踏む譜めくり用のコントローラーもあります。


12.9インチ(A4サイズ)のモデルは「iPad Pro」のみなので、私はiPad Pro一択で購入しましたが、表示する大きさが少し小さくてもいいという人には11インチの「iPad Pro」(性能は変わらないけれど安くなる)や10.9インチの「iPad Air」(お安くてお得)もおすすめです。


さて、どんな風に譜面が見れるかというと・・・



↑カフェで開いたiPad Pro。こんな風にほぼA4サイズで閲覧出来ます。私はPiascoreというアプリで譜面を管理しています。


書き込みもペンやマーカーでどんどん書き込め、保存も可能なので見直しするのも便利。

何処にいてもサッと見れるので快適です。



↑私は縦置きにも対応しているtomtocのケースを使っています。

3つの使い方が出来るのでシーンごとに使い分けています。


譜面台がない場合もテーブルの上に立てられるので、譜面を見たり書類や雑誌の閲覧にも大活躍です。


 

私の場合、レッスンで使う際にiPadをこんな風に役立てています。


  1. 譜面の整理&閲覧(PDF化して保存すればいつでも何処でもチェック可能)

  2. メモ書き(譜面にも直ぐ書き込めるので、生徒さんともすぐ共有出来る)

  3. zoomやSkype、LINEでのオンラインレッスン(アプリをダウンロードする事で利用可能)

  4. 音源の作成や検索(録音は勿論、YouTubeなどの閲覧や歌詞の検索にも便利)

  5. 譜面の作成(アプリを利用すると手軽に作成可能)

  6. 曲の視聴(SpotifyやYouTubeなどのアプリを利用)


まだまだありますが、レッスンでは上記のような部分で本当に役立っています。

特に譜面整理に関しては素晴らしい。


1度PDF化してしまえば、いつでも何処でも確認する事が出来ますし、膨大な譜面を持ち運ぶ事もなく、欲しい時は検索をかけてサッと見つける事が出来ます。

もう譜面がバラバラになったり、重い想いをしなくてよいかと思うと・・・Appleさんに大感謝です。


暗い部屋でも楽譜が見れるのも本当に魅力的です。

私にとっては手放せないアイテムの1つとなりました。


他にも様々なシーンで利用出来るので便利なのですが、タブレットを買いたいと思っている人はApple Storeや家電量販店で1度触ってみることをおすすめします。


特に大きさ。私は11インチと12.9インチモデルに譜面を表示させてみて、やっぱり大きい方がいいな・・・と思い、12.9インチのモデルにしました。


因みにケースは縦横どちらにも置けるものを探しました。横置きタイプのものが多いのですが、やっぱり縦置きにして良かったです。テーブルがあれば譜面台いらずで譜面を立てて見れるのはとても魅力的です。


Apple Pencilも購入しましたがとても使いやすく、書き込みが直ぐ出来るので本当に重宝しています。

キーボードの購入は迷いましたがひとまず見送りました。タブレット上でもキーボードで打ち込む事が可能なので、今のところ不便は感じていません。


 

講師が感じるオンラインレッスンの魅力とは?


前述したように、オンラインレッスン自体は今ご自宅にある携帯やパソコンからでも十分にレッスン受講が可能です。


でももしオンラインレッスンの為に機材を揃えたいと思っているかたにはタブレットという選択肢もおすすめしたいです。


オンラインレッスンの良いところは時間や場所を選ばずレッスン出来るところ。

気分を変えて別の部屋でレッスンを受けたい・・・そんな時はデスクトップのパソコンよりも持ち運びが楽なので優れていると思います。


そしてレッスンで指摘された事をすぐ書き込めるのもいいですね。

講師と生徒間でレッスン時に譜面や歌詞を共有して見れるのも良いです。

録音も勿論可能なので、自分の歌を録音してチェックするのにも適していると思います。


 

オンラインボーカルレッスンの魅力とは?


さて、私が教えているボイトレコースですが、身体が楽器なので健康維持にも優れていて、楽器を購入しなくても楽しめる魅力があります。


今生徒さんはお子さんから大人まで様々なかたに教えていますが、言うまでもなく「楽しんで歌う」事が1番です。