ベーシストにオススメの練習課題曲10選☆

今回ベーシストにおすすめの練習課題曲を初心者の方から中級者そして上級までピックアップしてみました。


初心者の方は始めて弾ける様になる曲って思い出になりますし自分のルーツなので続けていっても原点回帰したくなります。


そして今後の励みとしても重要な曲です。

中級者、上級者の方には自分の実力やモチベーションの向上としてぜひ参考にしてみて下さい。



まずは初心者の方におすすめ曲を4つご紹介します。

初めて弾く曲の参考基準としては 

ゆっくりなテンポ

シンプルな構成

同じフレーズが繰り返されている

この3つから参考してみました。


1. 米津玄師 / Lemon


こちらの曲はスローなテンポで音数が少ないため、初めて弾く曲としてオススメです。

途中でリズムを刻むフレーズがあり、音価(音の長さ)も身に付ける事が出来ます。

また、ベースを弾かないところもあります。


2. Official髭男dism / Pretender


こちらの曲はテンポ良くリズムを刻んでいるため、おすすめです。

Bメロの部分のブレイクで休符を交えたプレイもあります。

このような休符のベースプレイはかなり重要で、きちんとしたタイミングで休符を交えて弾くことが出来れば中級者への道も遠くはありません。


3. チャットモンチー / シャングリラ


こちらの曲はオクターブでのダンサブルなプレイで音数や速度がちょうど良いです。

同じフレーズを繰り返すため弾き方は一定になりますが、ミスをしないように弾く事はとても難しいです。


4. Ben E King / Stand by me


こちらの曲はフレーズが一定です。

左手の指の使い方と右手の2フィンガーに集中し、ミスをしないように弾き続ける

練習としておすすめです。


次に中級者の方におすすめの曲を3曲ご紹介します。

速いテンポの曲は、早く指を動かすテクニックや瞬発力が必要になります。


5. あいみょん / マリーゴールド


こちらの曲は、1番と2番でフレーズが違ったり、少し高い音へ移動している場面もあり、難しいフレーズが多く目立ちます。

左手の使い方に注意しないと一つ一つの音が繋がらず少し尖ってしまうので気をつけましょう。

きちんと弾けるようになる事で、テクニックの幅を広げる事が出来ます。


6. けいおん! / Don't Say Lazy


かなり前の作品ではありますが、8ビートのテンポの速い曲もきちんと弾けるようになるための練習としておすすめです。

始めはゆっくりな動きで練習して、きちんと右手の最初のスタートの指は何処なのかを意識しながら弾きましょう。

そこができて弾いていくとラストのサビの前が早いのに裏拍を意識したリズムになってます。


7. Earth,Wind & Fire / September


こちらの曲は1978年リリースの名曲です。

音を繋げるのではなく切っていくベースラインとなっています。

一つ一つの音をきちんと止める事を意識しましょう。


最後に上級者の方へおすすめの曲をご紹介します。

指の動きやフレーズの滑らかさが必要だったり、他のパートとユニゾンでフレーズを弾くというのをぜひ強化してほしく選曲しました。

他のパートとのユニゾンや曲を引っ張っていく印象深いベースフレーズは曲の中でミスが許されない箇所です。

そういった部分に注意してぜひ取り組んでみて下さい。


8. ONE OK ROCK / 完全感覚Dreamer


上級者としてベースが目立っているロックが弾ける事は必須です。

こちらの曲はベースラインがとても凝っており、歌うようなベースラインに早いテンポでの8ビートなので少し大変です。

そしてラストのサビ前にソロっぽいフレーズも入ってくるので弾きごたえもあるので楽しいです!


9. 東京事変 / キラーチューン


上級者としてウォーキングベースができるのも必須ですがいきなりジャズをやるというよりはこういうポップスの中にあるウォーキングベースからやってみて下さい。

Aメロが早くて長いのでそれだけ左手の持久力も問われます。

キラーチューンは早いのでこの速さで楽々にウォーキングベースができるようになると左手の握力と運指のレベルは高いと言えますのでぜひ弾いてみて下さい。


10. Sir Duke / Stever Wonder


最後にこの曲です。

この曲は凄く有名なので聞いたことある方もいるのではないでしょうか。

セッションでも比較的演奏される曲で16部音符のユニゾンがありそこをきちんと弾けないといけませんので山場だと思います。

他にもベースラインが少し凝っていたりと全体的にリズム感が問われるのでぜひメトロノームを使い練習した後周りの音を聞いて合わせるということもぜひ意識して取り組んでみて下さい。


いかがでしたでしょうか?

少し解説も交えて選曲してみました。

ぜひ練習してみて下さい。

また曲の解説についてもう少し詳しく聞きたい方居ましたらぜひお試し30分レッスンをご利用ください。





0件のコメント